最新 追記
RSS feed

からっぽの日記


2011-07-04(月) [長年日記]

HUNTER X HUNTER 28巻

あぁ、面白い。震えるほど。 パームとキルアを絡ませてくるとは、なんて展開を考えるのだ。

メルエムは生まれ持った立場・宿命で動いており明確な意志はない。それを支えているのが強靭な身体能力と知性なのだろうが、感じてしまった恐怖に揺さぶられるのだろうか。それとも命への執着がメルエムを進化させるのか、ヒソカが興奮するくらいにw 命あるものが必ず感じるであろう死の恐怖がテーマになりそうだけど、ゴンにはそれを超越する揺るがぬ意志がある。しかし、ゴンの危うさを誰かが救わねばならない。折れかけたキルアだけど、きっと...

"悪意"と書いて"進化"と読ます。じわじわと面白さが湧いてくる、驚嘆だ。

HUNTER×HUNTER 28 (ジャンプコミックス)
冨樫 義博
集英社
¥ 420


2011-07-08(金) [長年日記]

Bluetooth 無効化

Ubuntu 11.04 (X200s) で 起動時に Bluetooth を無効化したので設定メモ。

/etc/sysfs.conf に下記を追記(要 sysfsutils)

# Bluetooth
devices/platform/thinkpad_acpi/bluetooth_enable = 0

2011-07-10(日) [長年日記]

grub2 の設定

Ubuntu 11.04 の grub2 に背景画像とパスワードロックの設定を行ったのでメモ。パスワードの設定を調べるのに時間かかってしまった...

参考にさせて頂いたサイト

背景画像の設定

/etc/default/grub を修正

GRUB_GFXMODE=1024x768
GRUB_BACKGROUND=/path/to/hoge.png

※GRUB_GFXMODE はモニターの指定可能な解像度、GRUB_BACKGROUND は GRUB_GFXMODE で設定した解像度の画像(PNG)を指定しました。

パスワード設定

設定したいパスワードをハッシュ化

$ grub-mkpasswd-pbkdf2
Enter password:
Reenter password:
Your PBKDF2 is grub.pbkdf2.sha512.10000.xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

/etc/grub.d/00_header の46行目 "cat << EOF" の下に追記

set superusers="user"
password_pbkdf2 user grub.pbkdf2.sha512.10000.xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

※"user" は任意のユーザー名

grub の設定ファイル更新

$ sudo update-grub

2011-07-23(土) [長年日記]

vim 7.3 のインストール

さくらインターネットのレンタルサーバに vim 7.3 をインストールしたのでメモ。7.2 と同じ手順で行いましたが、メモ。

ソース取得 & 展開

$ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim-7.3.tar.bz2
$ tar jxf vim-7.3.tar.bz2

パッチ取得、適応

$ mkdir vim73/patches
$ cd vim73/patches/
$ curl -O 'ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.3/7.3.[001-260]'']'
$ cd ..
$ cat patches/7.3.* | patch -p0

コンパイル

$ ./configure --prefix=$HOME/local/vim73 --enable-multibyte --disable-netbeans --disable-gui --disable-gtktest --disable-acl --disable-gpm --disable-xim --without-x
$ make
$ make install

パスの通ったディレクトリにシンボリックリンク作成

$ ln -sf ~/local/vim73/bin/ex ~/local/bin/ex
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/rview ~/local/bin/
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/view ~/local/bin/
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/vim ~/local/bin/
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/vimdiff ~/local/bin/
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/vimtutor ~/local/bin/
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/xxd ~/local/bin/
$ ln -sf ~/local/vim73/bin/rvim ~/local/bin/

mlterm の termcap

クライアントのターミナルを mlterm に変更したので、ssh で接続した際にカラー表示されなくなってしまいました。terminfo がないのだと思い設定しようとしましたが、コマンドがない... ということは FreeBSD は termpcap なのかな?と思い、ubuntu 上で infocmp を使い出力した mlterm の termcap を持ち込んでみましたがダメorz

terminfo も termpcap もよくわかってないので、何がいけないかさっぱり。ということでググっていたら、下記のサイトを発見。mlterm 用の termcap が記載されておりました。これを ~/.termcap へ記述したら OK でした。感謝です!

jijixi's diary - 相変わらず季節の変わり目に弱いわし - mlterm 用の termcap エントリ , , , , 既存のメソッドから Proc オブジェクトを… , 結局元に戻る


2011-07-24(日) [長年日記]

git のインストール

tdiary バージョンアップ管理に使えないかなと、さくらインターネットのレンタルサーバに git をインストールしましたのでメモ。手順は下記のサイトをほぼそのままです。感謝です。

git push + さくらのレンタルサーバーで github pages ライクにデプロイする方法 - punitan (a.k.a. punytan) のメモ

ソース取得

$ wget http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.7.6.tar.bz2
$ tar jxf git-1.7.6.tar.bz2

コンパイル

$ cd git-1.7.6
$ ./configure --prefix=$HOME/local/git
$ gmake
$ gmake install

シンボリックリンク作成 ※2011.7.31 ~/local/bin から ~/bin に修正

$ ln -s ~/local/git/bin/git ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-cvsserver ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-receive-pack ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-shell ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-upload-archive ~/bin/

2011.7.31 追記

エディタを vim に変更

$ git config --global core.editor vim

2011-07-25(月) [長年日記]

フォト蔵プラグインの tdiary-contrib 追加を目指してみよう

4年くらい前にフォト蔵用のプラグインを flickr.rb を参考*1にさせて頂き作っておりました。その後4年間、プラグインについても Ruby の勉強についてもほぼ放置... 再勉強しようかと久々に flickr.rb や picasa.rb を覗いてみたらかなり進化してた^^; 同じような使い勝手なものを作ることが私にできるかなと考えてたら乗り換えたほうがよいか... と picasa.rb を使ってみたりしてたのですが。

しかし、せっかくご意見を頂きましたので改良に挑戦して contrib へ追加してみたい。利用する側(タダ乗り?)ばかりで、コミュニティ?への参加もしたこともなく、また contrib の運用などもまだ理解しておりません。ただハードルは上げすぎると挫折するのでほどほどに。とりあえず思いついたことを。

  • picasa.rb (flickr.rbもかな?) のようにアルバムから選んで画像を選択できる機能が欲しいなぁ。
  • フォト蔵API を再確認しなくちゃ。
  • 機能追加するなら tdiary.conf への設定 & 参照の仕方を確認必要だわ。
  • Ruby 1.8 しか使ったことないけど、1.9 でも確認が必要か。
  • スマートフォンでの表示を確認してないや。
  • オレオレプラグインなのでテストはざっくりしかしていないがどうするべ。
  • そもそもプラグインのテスト(Web のテスト?)とか理解していない...
  • ヘボなのでバグでるかも、ゴメンナサイ(-.-;)

すぐ投げちゃう性格なので、小さいことかもしれませんが書いておくことにしました。

そしてコメント、ご助言をありがとうございました。

*1 というかほぼ同じかも^^;


2011-07-31(日) [長年日記]

tDiary を git で管理・更新していく その1

29日にリリースされました tDiary 3.1.0 へ更新するにあたって、git で管理に挑戦してみる。イメージとしては、

  • ローカルにテスト環境を構築し、さくらインターネットのレンタルサーバと同じディレクトリ構成にする。
  • レンタルサーバ上に共有リポジトリを作成する。*1
  • 公式リポジトリからテスト環境に clone する。
  • official は公式リポジトリを、origin はレンタルサーバに設定する。
  • 公式は master、自サイト用には barch を作成する。
  • ブランチに自分の設定を commit する。
  • テスト環境上で正常動作したものを共有リポジトリに push する。
  • 共有リポジトリからレンタルサーバ上に clone する。
  • 公式更新時は、master に fetch したソースを barnch に merge する。
  • contrib 以外に追加したプラグインも git で別途管理する。

バージョン管理も git もよく理解できてないので、これで良いかはわからない...

git 構成

$home / local / tdiary / core  ************* remote  - official (github 公式参照)
                       | (本体)            |           origin   (レンタルサーバ上の共有リポジトリ)
                       |                   * branch  - master   (github 公式の内容)
                       |                               sakura   (自サイト用)
                       |
                       + contrib *********** remote  - official (github 公式参照)
                       |                   |           origin   (レンタルサーバ上の共有リポジトリ)
                       |                   * banch   - master   (github 公式の内容)
                       |
                       + other-plugin ****** remote  - official (なし)
                         (contrib以外)     |           origin   (レンタルサーバ)
                                           * banch   - master   (contrib 以外に追加したプラグイン)

tDiary 構成

$HOME / www /diary / index.rb    ($HOME/local/tdiary/core/index.rb を require)
      |              update.rb   ($HOME/local/tdiary/core/update.rb を require)
      |              js/         ($HOME/local/tdiay/core/js を参照)
      |              theme/      ($HOME/local/tdiay/core/js を参照)
      |
      / local / tdiary / core/           (共有リポジトリの sakura をチェックアウト)
                         contrib/        (共有リポジトリの master をチェックアウト)
                         other-plugin/   (共有リポジトリの master をチェックアウト)

まとめたつもりだけど、分り辛いやorz

*1 github のアカウント取得して公式を fork するのが一般的なのかなぁ? github はまたいつの日か...


最新 追記
RSS feed