«前の日記(2011-05-01(日)) 最新 次の日記(2011-06-19(日))» 編集
RSS feed

からっぽの日記


2011-06-05(日) [長年日記]

アイアムアヒーロー 6巻

何だが泣けた...

よくあるようでないような展開になってきた。特別な力を持ったものが主人公ではなく、力を持ったものが救おうとしている人も主人公でもない。それを利用しているが、徹しきれない。

この世の中は残酷で狂っているかもしれないけど、その中で正義や秩序が存在する。前提となる世界が変われば、その正義や秩序もまた変わるのだろうけど、そこにも変わらない何かが必ずあるはず。が、その変わらない思いは人によって異なるのであろう。最後のセリフはそれぞれの思いが錯綜しそうな言葉でした。

アイアムアヒーロー 6 (ビッグ コミックス)
花沢 健吾
小学館
¥ 550


«前の日記(2011-05-01(日)) 最新 次の日記(2011-06-19(日))» 編集
RSS feed