«前の日記(2011-02-17(木)) 最新 次の日記(2011-02-21(月))» 編集
RSS feed

からっぽの日記


2011-02-18(金) [長年日記]

Xmonad + GNOME

これまでウィンドウマネージャは Awesome を使ってきたわけですが、Xmonad を GNOME 上で使えるということでやってみた。環境は Ubuntu 10.10 Desktop 64bit。こちらのサイトを参考にさせて頂きました。

Xmonadの設定 2/3「with GNOME」編 - ナレッジエース

タイル型と統合デスクトップ環境のイイトコどり?とも言えるし、中途半端とも言えるかもしれませんが... GNOME 使ってみたけいけど、タイル型は捨てれんという私にはぴったしかな?

Xmonad + GNOME

Xmonad をインストール

% sudo apt-get install xmonad

現在のウィンドウマネージャを確認

% gconftool-2 -g /desktop/gnome/session/required_components/windowmanager
gnome-wm

ウィンドウマネージャを Xmonad に変更

% gconftool-2 -s /desktop/gnome/session/required_components/windowmanager xmonad --type string

ウィンドウマネージャが Xmonad に変更されているか確認

% gconftool-2 -g /desktop/gnome/session/required_components/windowmanager
xmonad

※元に戻すときは

% gconftool-2 -s /desktop/gnome/session/required_components/windowmanager gnome-wm --type string

起動確認

~/.xmonad/xmonad.hs を作成(GNOMEパネルの最適化)

import XMonad
import XMonad.Config.Gnome

main = xmonad $ gnomeConfig
        { manageHook = manageHook gnomeConfig
        , logHook    = logHook gnomeConfig
        }
% xmonad --recompile

ログアウト → ログインし、Xmonad の起動と GNOMEパネルの表示を確認

GNOME パネルにメッセージを表示

xmonad-log-applet コンパイル用のパッケージをインストール

% sudo apt-get install libglib2.0-dev libdbus-glib-1-dev libpanel-applet2-dev

ソースを取得

% git clone http://git.uhsure.com/xmonad-log-applet.git

コンパイル & インストール

% cd xmonad-log-applet/
% ./configure
% make
% sudo make install

パネルの追加から xmonad-log-applet を配置

パッケージ管理システム cabal コンパイル用のパッケージをインストール

sudo apt-get install libghc6-parsec3-dev libghc6-network-dev

ソースを取得

% wget http://www.haskell.org/cabal/release/cabal-install-0.8.2/cabal-install-0.8.2.tar.gz

コンパイル & インストール

% cd cabal-install-0.8.2/
% sh ./bootstap.sh

~/.cabal/bin を PATH に追加

DBus ライブラリをインストール

% cabal update
% cabal install dbus

~/.xmonad/xmonad.hs は下記をほぼ丸写しの状態^^; Haskell 勉強せねばな。

Xmonadの設定 3/3「応用」編 - ナレッジエース


«前の日記(2011-02-17(木)) 最新 次の日記(2011-02-21(月))» 編集
RSS feed