«前の日記(2010-04-10(土)) 最新 次の日記(2010-07-17(土))» 編集
RSS feed

からっぽの日記


2010-06-27(日) [長年日記]

蛇行する川のほとり (集英社文庫)(恩田 陸)

元々は、三部作だったのかな? 各部のラストが強烈なインパクトを放ってます。不穏な空気が漂う展開や伏線の回収も面白く、一気に読んでしまった。語り手が各部で変わるのですが、それがそれぞれ登場人物の思いが大事な人に伝わりきれていない、そこが切なく悲劇を生んだのか。よく分からなかった点は、毬子に対する香澄と芳野の当初の目的。あと、香澄に頼んでまであのようなことを行ったかがイマイチわかんない。うまく、書けないのでこの辺にしておきます。


«前の日記(2010-04-10(土)) 最新 次の日記(2010-07-17(土))» 編集
RSS feed