«前の日記(2009-05-20(水)) 最新 次の日記(2009-05-30(土))» 編集
RSS feed

からっぽの日記


2009-05-24(日) [長年日記]

博士の愛した数式 (新潮文庫)(小川 洋子)

穏やかで、優しい時間が流れる小説でした。数学を題材にしているのも素晴らしい。正直、数学は苦手ですが、博士と共になんとも心地よい。そして、ルートはホントに良い子だよ。最後は、この物語にふさわしい終わり方だと思います。

記憶障害と言えば、昔に「メメント」という観たよなぁ。あちらは、時系列反転でヤヤコシイ & 悲しい結末だったと思ったけど。


«前の日記(2009-05-20(水)) 最新 次の日記(2009-05-30(土))» 編集
RSS feed