«前の日記(2008-12-29(月)) 最新 次の日記(2008-12-31(水))» 編集
RSS feed

からっぽの日記


2008-12-30(火) [長年日記]

慟哭 (創元推理文庫)(貫井 徳郎)

連続幼女殺人件を追う捜査一課課長と新興宗教にのめり込んで行く男の二人の視点が交互に展開されて行くお話。見事にこの物語のトリックに気づかずに最後まで読んでしまった。非常に面白い展開だったんですが、悲しい結末ですね。


«前の日記(2008-12-29(月)) 最新 次の日記(2008-12-31(水))» 編集
RSS feed