«前の日記(2007-08-30(木)) 最新 次の日記(2007-09-09(日))» 編集
RSS feed

からっぽの日記


2007-09-06(木) 台風 [長年日記]

働きマン(4) (モーニングKC)(安野 モヨコ)

働くことの葛藤をうまく描いてる、そんなマンガ。今回は、片桐さんの手紙の『誰にでも代わりはいる』と高宮さんの『自分の為だよ』というのが印象的でした。自分がいないとダメだとか、自分が抜けると迷惑がかかるとかよく考えちゃうことだと思うけど、多少迷惑はかかるかもしれないが自分の代わりなんていくらでもいて何事もなく回っていったりするもんなんだよなぁ。頑張ってるときは気づきにくいかもしれないけど。 だから頑張るのは自分の為じゃないと心が折れちゃうんだろうな。でも、自分の為に頑張るってのもかなり難しい気がする。どうしても他人と比較したり、そもそも仕事は生活のためっていう名目がある。仕事って何じゃろーなぁ。誰かのために生きてみても、Tomorrow never knows♪。最後の松方父のように達観できるようになれるだろうか...


«前の日記(2007-08-30(木)) 最新 次の日記(2007-09-09(日))» 編集
RSS feed