最新 追記
RSS feed

からっぽの日記


2007-07-01(日) 曇り時々雨 [長年日記]

自由の身

今日からいい歳をして自由の身になったわけですが、自由とは幸せでもあり不安でもある。さてとりあえず何をしようか?

ピアノの森(14) (モーニングKC)(一色 まこと)

今回は引き続きショパンコンクールの一次予選の模様がメイン。雨宮の演奏が終了したけど、カイと雨宮の心が通じるのはいつになるのか。他にも登場人物が増えてきて今後の展開が楽しみ。アダムスキはイイキャラだね。あと映画が公開されるようだ。マンガの世界観を壊さないことを願いたい。阿字野役は宮迫さんですか。

戦線スパイクヒルズ 6 (ヤングガンガンコミックス)(原田 宗典/井田 ヒロト)

チサトさんの死と過去が明らかに。整形ってのはイマイチな気もしたけど、まぁいいか。「人が人にやったことは、みぃんな廻って帰ってくるんだ」という一文が印象的でした。3人がこれから行うことは、どのような結果となるのか。


2007-07-02(月) 曇り時々晴れ [長年日記]

Xorg と DRM と DRI

メインPC*1の Debian lenny を dist-upgrade したら Mplayer が描画しなくなった(゜∀゜ ) Mplayer のコーデックが upgrade してたので戻したがダメ。ということで、xserver-xorg-video-i810 から xserver-xorg-video-intel へパッケージが変わったところが原因のようだ。以下、修正メモ。

Xorg.conf の修正

Section "Device"
    Identifier  "Intel Corporation 82852/855GM Integrated Graphics Device"
    #Driver     "i810"
    Driver      "intel"
    Option      "DRI"   "true"
EndSection

DRM がロードされたか確認

% dmesg | grep drm
[drm] Initialized drm 1.0.1 20051102
[drm] Initialized i915 1.5.0 20060119 on minor 0
[drm] Initialized i915 1.5.0 20060119 on minor 1
% ls /proc/dri/
0 1

xlibmesa-dri のインストール

% aptitude install xlibmesa-dri

Xorg 再起動

DRI が有効になったか確認

% glxinfo | grep direct
direct rendering: Yes

DRM や DRI とか理解してないので、はまっちゃうな。3Dグリグリのウィンドウマネージャとかアプリケーション動かさない(動かせない)からいいと言えばいいのだけど。

参考にさせていただいたサイト

*1 Let's Note CF-W2


2007-07-06(金) 晴れだったような... [長年日記]

お気に入りマンガ その1

じゃじゃ馬グルーミン★UP! (1) (小学館文庫)(ゆうき まさみ)

何度も読んでしまうお気に入りマンガシリーズ その1として「じゃじゃ馬グルーミン★UP!」を読みました。ゆうきまさみさんと言えば「機動警察パトレイバー」が思い浮かぶ*1と思いますが、個人的にはこちらの作品が大好きです。10年前近くなるマンガですが、今読んでも面白い!傑作です。競争馬の生産という厳しい現場*2を通じて、主人公 駿平の成長とヒロイン ひびきの心の変化が丁寧に書かれています。脇役の悟とたづなが二人に振り回された感があるのがちょっと可哀想だったけど、最後は非常に心地よい終わりかたでよかったです。ヒメの孫でダービーに来たけど、ヒコはどうなったんだ?とか、悟の千葉牧場ってなんだ?とか、梅ちゃんは何してるんだ?とか、続きがまだまだ読みたい作品ですが、最後の「NEVER END」を受け止めたいと思います。でもやっぱり読みたいなぁ。

*1 パトレイバーはちょっとしか読んでないな...

*2 現実はもっと厳しいのだろうけど


2007-07-08(日) 晴れ [長年日記]

お気に入りマンガ その2

二ノ宮知子さんのマンガ2作を再読してみました。二ノ宮マンガはおもれー。

GREEN(1) (講談社コミックスキス (263巻))(二ノ宮 知子)

「のだめ」を読み始めてから他の作品も読んでみようと思いこの作品を手に取りました。ワコちゃんの変態振りとバイタリティに爆笑です。農家が舞台という変わった設定で、巻数が少ないのもあるけれどテンポよく読めて面白い。最後の結婚式のお話もすごい話だし、少女マンガというよりギャグマンガだなぁw

天才ファミリー・カンパニー―スペシャル版 (Vol.1) (バーズコミックススペシャル)(二ノ宮 知子)

「GREEN」に続いて読んだ作品がこの作品。今度は経済のお話が中心、天才男子高校生が主人公。作者はいろいろなネタを持ってるよなぁ。前半は、勝幸や春、それを取り巻く人々の登場、紹介みたいな感じになっていてテンポがない気もしますが、勝幸が書店でバイトを開始したあたりから怒涛の展開で登場人物達が一気に継りだし面白いです。春達を否定していた勝幸が変化していく様が良く、ラストは心温まります。最後のおまけでネタキャラ?有吉が最高!彼も天才でしたw

GREEN(1) (講談社コミックスキス (263巻))
二ノ宮 知子
講談社
¥ 420

天才ファミリー・カンパニー―スペシャル版 (Vol.1) (バーズコミックススペシャル)
二ノ宮 知子
幻冬舎コミックス
¥ 840


2007-07-09(月) くもり [長年日記]

電脳コイルがイイ(≧∇≦)b

暇ができたのでようやく電脳コイルを九話まで観れた。おもしろいわー。謎解き要素とか、イサコかっこえーとか、サイバーチックなのにレトロな雰囲気とか、いろいろおもしろい要素がつまってる感じ。さらに、八話の夏祭りのダイチがカワイすぎるねぇ。「果たし合い」が「はたし愛」になっちゃてるしw 続きが早く観たい!希望としては、デンスケやフミエのペット(しもべ)のオヤジをもっと登場させて欲しいなぁ。


2007-07-11(水) 雨のち曇? [長年日記]

クリスタルマウンテン

キューバ産のクリスタルマウンテンを購入。200gで1000円くらいでした。豆の知識は全然ないので迷いましたが、酸味が少なめのコーヒーを飲んでみたかったのでこの豆に決めました。飲んだ感想は、さっぱりさわやかなコーヒーという印象。飲みやくおいしい。もうちょっと風味があると完璧って気もするが、入れかたの問題があるかもなぁ。

わにとかげぎす(4)<完> (ヤングマガジンコミックス)(古谷 実)

完結。終わっちゃってびっくりしちゃったけど、イイ終わり?で良かった。にしても難しい作品だなぁ。「ヒミズ」や「シガテラ」と同じような展開*1だけど、結末に変化がみられる。「ヒミズ」は絶望?、「シガテラ」は妥協?、で今回は... 主人公の年齢差があるのだろうけど、一番将来的に不安な主人公が幸せに進み出した気がする。*2。それは、主人公だけでなく市川さんも同じ気持ちだからなんだろうけど。最後の言葉がそんな気がしました。最近の古谷作品は悪意が散らばってるので怖いんだけど、最後は希望を観せてくれていい作品だったと思う。斉藤さんがあっさり悟って退場しちゃったのが残念。次はどんな作品書くんかなぁ。

*1 この辺りが受け付けない人も多いんだろうけど。

*2 先は不安だらけだと思うけど。


2007-07-12(木) [長年日記]

kernel 2.6.21.6

玄箱HGにkernel 2.6.21.6 を導入してみた。前回は segmentation fault が発生して諦めたけど、何回かやっているとエラーが出ず成功する場合もある。VMware 上のクロスコンパイル環境が不安定なんかなぁ。

クロスコンパイル環境(VMware)

Kernel ソースを取得

% wget http://www.kernel.org/pub/linux/kernel/v2.6/linux-2.6.21.6.tar.bz2

玄箱用パッチ取得(作者様に感謝)

% wget http://www.genbako.com/kurobox-sources-2.6.21.1.patch

取得したパッチは2.6.21.1用ので修正(これでいいのかは不明)

% vi kurobox-sources-2.6.21.1.patch
:%s/linux-2\.6\.21\.1/linux-2\.6\.21\.6/g

ソース展開、パッチ適応

% tar jxf linux-2.6.21.6.tar.bz2
% patch -Np0 < kurobox-sources-2.6.21.6.patch

コンパイル

% cp linux-2.6.20.3/.config linux-2.6.21.6/    ※使い回し
% cd linux-2.6.21.6
% ARCH=ppc CROSS_COMPILE=powerpc-linux- make oldconfig
% ARCH=ppc CROSS_COMPILE=powerpc-linux- make menuconfig
※ CONFIG_LOCALVERSION="-kuroboxHG-20070712" に設定
% ARCH=ppc CROSS_COMPILE=powerpc-linux- make vmlinux
% ARCH=ppc CROSS_COMPILE=powerpc-linux- make modules
% ARCH=ppc CROSS_COMPILE=powerpc-linux- INSTALL_MOD_PATH=~/tmp/kernel_2.6.21.6 make modules_install
% objcopy -O binary vmlinux ~/tmp/kernel_2.6.21.6/vmlinux.bin
% cp System.map ~/tmp/kernel_2.6.21.6/

圧縮

% cd ~/tmp
% tar jcf kernel_2.6.21.6_20070712.tar.bz2 kernel_2.6.21.6

kernel_2.6.21.6_20070712.tar.bz2 を玄箱HGに転送する。

玄箱HG

% tar jxf kernel_2.6.21.6_20070712.tar.bz2
% cd kernel_2.6.21.6_20070712
% cp System.map /boot/System.map-2.6.21.6-kuroboxHG-20070712
% cp vmlinux.bin /boot/vmlinux-2.6.21.6-kuroboxHG-20070712.bin
% cp -r lib/modules/2.6.21.6-kuroboxHG-20070712/ /lib/modules/
% depmod -F /boot/System.map-2.6.21.6-kuroboxHG-20070712 2.6.21.6-kuroboxHG-20070712
% vi /etc/kuro_boot.conf
% reboot

2007-07-13(金) また雨 [長年日記]

カルボナーラ風リゾット

冷ご飯で♪簡単カルボナーラ風リゾット by めけてー [クックパッド]簡単おいしいみんなのレシピが20万品!

簡単そうだったのでお昼ご飯に作ってみました。牛乳がなかったので生クリームで代用。コンソメと胡椒を入れすぎ少し辛めになってしまった。あと水の分量が多すぎたなぁ。問題あったけど、まぁまぁおいしかったので次回は気を付けよう。にしても、高カロリーな昼食だな...


2007-07-14(土) 台風 [長年日記]

お気に入りマンガ その3

いでじゅう!

モリタイシさんの作品で全13巻。じゃじゃ馬グルーミン★UP!に続きお気に入りベスト5*1に入る作品です。タイトルから柔道マンガかなと思い読み出すと、柔道の話はあまりなく濃いキャラによるギャグマンガと思いきや、徐々に恋愛マンガへ移っていく展開はお見事!表情などもうまく描いてあって引き込まれてしまいます。後半の森さんは反則です、カワイすぎです(≧∇≦)b 脇役達もほんと個性有り過ぎのイイキャラ揃いでずっとこの物語を読んでいたかったので連載終了はホント切なくなりました。が、最終巻巻末の作者の「いつでもあの場所にいけばみんながいる」という状態にしておきたかったとのコメントを観て、作者の思い入れに感服しました。笑いと切なさと感動をありがとうと言いたいマンガです。

いでじゅう! 1 県立伊手高柔道部物語(少年サンデーコミックス)
モリ タイシ
小学館
¥ 410

いでじゅう! 13 県立伊手高柔道部物語(少年サンデーコミックス)
モリ タイシ
小学館
¥ 410

*1 完結している作品が対象です


2007-07-15(日) 強風 [長年日記]

iBUFFALO Arvel 化学式ノートPCクーラープレミアム A4 NCLA4PSV

Let's Note の冷却用に購入。前作前々作も持ってたりしますが、買っちゃいました。効果のほどは気持ち性能UPかなぁ。前作は板自体に熱がすぐ溜ってたけど、今作はアルミになった分、板自体の放熱性は上がってる気がします。残念な部分は、ノートPC底面の凹凸対応用に 50x50mm のアルミ版が付いているのだが、厚みがたらないため Let's Note の一番熱くなっている部分に使えない*1。アルミ版買って自作するかねぇ。

*1 傾斜をつけて浮かせてある仕様のため


2007-07-16(月) 晴れのち雨 [長年日記]

お気に入りマンガ その4

「わにとかげぎす」が完結したので、古谷実さんの作品「ヒミズ」「シガテラ」を再読してみた。3作品の共通点は、主人公が「普通」に生きることを望んでいるということかな。そして「日常」と「非日常」は紙一重ということかな。

ヒミズ

全4巻。連載当時、ヤンマガ買ってたので読んでましたがインパクトがありすぎて受け入れられなかった覚えがあります。なので、ヤンマガ掲載時*1とコミック版のラストが違うのだけれどヤンマガ掲載時のラストはうる覚え。

「普通」に生きたい主人公 住田だが、「非日常」に巻き込まれてしまう。巻き込まれないようにライに生きているはずなのに...*2 ラストはなんとも言えない結末だけど、怪物との対話(自問自答)の行き着く先はあの形なのか... その後の茶沢さんがどうなったのか心配であります。茶沢さんにとっては残酷すぎる。あと、夜野が微妙に怖い。悪い奴ではないのだろうけど、直接ではないが殺人に関与したわりには普通に暮らしている感じだし、危険はヤクザで排除してるし。

ヒミズ 1 (ヤンマガKC)
古谷 実
講談社
¥ 530

シガテラ

全6巻。「ヒミズ」とは違った意味で呆気にとられたラストだった作品。最後に現実的な結末を観せられちょっとショックでした。けど、改めて読んでみるとまた印象が違う。なんにしろハッピーエンド?なのはよかったです。

主人公おぎぼーは、いじめられっ子だが苦労なしにかわいい彼女南雲さんができ幸せを得る。それでも容赦なしに非日常が襲ってきたりして、この幸せがいつか終わることとを妄想し恐怖する。その辺りの妄想は、おぎぼーの面白いキャラで描かれているから笑えるけどなんだか胸が苦しくなります。

おぎぼーは、「お前が不幸の源だ」*3とか浴びせられたりしながら、最後は「大人」になります。そんな彼が言います、「僕はつまらない奴になった」と。なんだか読んでるこっちにも問いかけられてるような気になりました。うーん、自分は「大人」になれていないような、でもつまらない奴のような... でも最後におぎぼーがドゥカティが欲しくなったことにちょっと救われました。傑作青春マンガだと思います。だけど、4巻の斉藤くんの話は読んでて気持ち悪くなってくる。アヤフヤな結末がまたそうさせるのだろうけど...

シガテラ(1) (ヤンマガKC (1193))
古谷 実
講談社
¥ 560

*1 茶沢さんの「なにそれ? 」で終了 。経験ないのでわかんないけど、それしかない心情なのだろう...

*2 「わにとかげぎす」の主人公は、ドライな生き方を止めようと努力しだしたら「非日常」に巻き込まれてしまうといったところかな。

*3 たしかにおぎぼーの行動が起点になってたりするんだけど、この言葉は強烈だよなぁ。怖い...


2007-07-18(水) 晴れ [長年日記]

RICOH デジタルカメラ Caplio (キャプリオ) R6 ブラック

初デジカメ購入!欲しいなと思いつつ、まぁいいかと思って買ってこなかったデジカメですがついに購入となりました。黒ボディがイイ感じです。2chのデジカメ板を参考にしながらFUJIFILM デジタルカメラ FinePix (ファインピックス) F31fdと迷いましたが、室内であまり撮影はしないだろうというのと、「RICOH Caplio R6」のほうがコンパクトでいろいろ機能的に楽しそうだったのが決め手かな。使いこなすのは難しそうですが、持ち歩いていろいろ撮ってみたいと思います。


2007-07-19(木) [長年日記]

RubyGems のインストールし直し

RubyGems本体のアップデートを全然やっていなかったので行ってみたが最新版にならない。0.8.11なんて古いのを使っているからなのか... よくわかんないので、一からインストールしなおした*1

RubyGems のインストール

% wget http://rubyforge.org/frs/download.php/20989/rubygems-0.9.4.tgz
% tar zxf rubygems-0.9.4.tgz
% cd rubygems-0.9.4

% mkdir /usr/local/rubygems
% export GEM_HOME=/usr/local/rubygems

% ruby setup.rb config --prefix=/usr/local/rubygems
% ruby setup.rb setup
% ruby setup.rb install

# 以下を .basrhc に追加
export GEM_HOME=/usr/local/rubygems
export RUBYLIB=$GEM_HOME/local/lib/site_ruby/1.8
export RUBYOPT=rubygems
export PATH=$PATH:$GEM_HOME/bin

% . .bashrc

% gem environment
RubyGems Environment:
 - VERSION: 0.9.4 (0.9.4)
 - INSTALLATION DIRECTORY: /usr/local/rubygems
 - GEM PATH:
    - /usr/local/rubygems
 - REMOTE SOURCES:
    - http://gems.rubyforge.org

rails と refe をインストール

% gem update
% gem install refe
% gem install rails

*1 rails と refe くらいしか入ってないので


2007-07-24(火) 晴れ [長年日記]

Flickr と フォト蔵

デジカメを購入したので写真共有サイトの使用を検討。候補としてFlickrフォト蔵を考えたんだけど、一長一短。

Flickrは容量は無制限。無料アカウントだと1ヶ月100MB、Setが3つまで、最新200枚しか表示されない*1。Proアカウントは、Set、1ヶ月のアップロード制限がなしで、年間24.95$。

フォト蔵は無料で、最大10000枚までアップロード化。一枚10MB、1ヶ月1GBの制限あり。

使い勝手はどちらがええのかわかりません。ネットみてるとFlickrのほうがいい?

どちらにしようか迷いましたが、日本産*2、現在出費はあまりしたくない*3、どの程度使うかわかんない、「Flickr Uploadr」の認証が何故かできんというのもあってフォト蔵を使ってみようかと思ったが、プロフィールの現住所が非公開にできないではないか?!都道府県名だけだし、まぁ内容みてれば特定できそうだから気にしすぎかもしれんが... あと、設定変更画面でメールアドレスが表示されるのだが、一度表示した後しかSSLを選択できないのだがいいのかな?SSLについて全然わかってないので的外れな気もしますが。

ということで、Flickrの無料版をしばらく使ってみるとする。tDiary Flickr プラグイン(2006-02-26)という素晴らしいものがありますし。

*1 200枚しか保存できないわけではなく、Proアカウントへ移行すると見えるようになる?

*2 といいつつSBMは、はてなじゃなくdel.icio.usだけど...

*3 といいつついろいろ買っているorz


2007-07-25(水) あつーい [長年日記]

xorg.conf の修正

Debian Lenny の xserver-xorg-input-kbd が 1:1.1.0-4 -> 1:1.2.0-1+1.2.1 にアップグレードされたのに伴い xorg.conf を修正した。ついでにxorg のログを見てたら、(WW)や(EE)がでてるので併せて調査。

xserver-xorg-input-kbd のアップグレードに伴い、ドライバ名が変更されていたので、「Section "InputDevice"」 の Driver を修正

# 修正前
Driver      "keybord"

# 修正後
Driver      "kbd"

以下の Warring の対処(実害はなさそうだけど)

(WW) AIGLX: 3D driver claims to not support visual 0x23
	:
(WW) AIGLX: 3D driver claims to not support visual 0x32

xorg.conf に以下を追加(対処方法も適当...)

Section "ServerFlags"
    Option  "AIGLX" "off"
EndSection

Section "Extensions"
    Option  "Composite" "Disable"
EndSection

以下、よくわからん Warning

(WW) xf86OpenConsole: setpgid failed: Operation not permitted
(WW) xf86OpenConsole: setsid failed: Operation not permitted

(WW) intel(0): Register 0x61200 (PP_STATUS) changed from 0xc0000008 to 0xd0000009
(WW) intel(0): PP_STATUS before: on, ready, sequencing idle
(WW) intel(0): PP_STATUS after: on, ready, sequencing on

(WW) intel(0): xf86AllocateGARTMemory: allocation of 10 pages failed
    (Cannot allocate memory)

以下、よくわからん Error

(EE) intel(0): detecting sil164
(EE) intel(0): Unable to read from DVOI2C_E Slave 112.

(EE) intel(0): Unable to read from DVOI2C_E Slave 236.

(EE) intel(0): ivch: Unable to read register 0x00 from DVOI2C_B:04.

(EE) intel(0): Unable to read from DVOI2C_E Slave 112.
(EE) intel(0): tfp410 not detected got VID FFFFFFFF: from DVOI2C_E Slave 112.

Anthy での矢印の入力

今日気付いたが Anthy で矢印(↑←↓→)を入力したいとき、「やじるし」と打ったら出てた思うんだけど出なくなっていた。Anthy は Debian Lenny の 9100-1。辞書ファイル調べてたら、「きごう」と打てば矢印が入力できるようだ。辞書ファイル見てたら 2ch.t というファイル発見。こんなんあるんだ。試しに有効にしてみた。

# dpkg-reconfigure anthy
Add-on dictionaries to use:
 [*] 2ch.t    ←チェックを入れる
 [*] base.t
 [*] extra.t

2007-07-26(木) 晴れ(にわか雨あり) [長年日記]

ヴェルダン 三徳庖丁 165mm OVD-11

包丁が切れ味がかなり悪いので研いでみたがあまり改善しない*1ので購入してみました。どれがいいかよくわかんなかったので、Amazon で売れている物を購入。切れ味はかなりいいと思われ。切ってて気持ちいいなぁ。指切っちゃいそうでこわいが...*2持ち手が刃と一体になっているのどうかなぁと思ってたけど、握りやすい構造にもなっているみたいで使いやすい。値段も手頃なんでいい買い物だったかな。刃はモリブデン鋼というものらしいが錆びるのかなぁ?今までズボラな管理だったので心配。一応、水分はちゃんと拭き取って保管しようとは思うが。

*1 研ぎ方が悪いのもあるのだろうけど

*2 切れない包丁で助かった場面も...


2007-07-29(日) 晴れ [長年日記]

手紙 (文春文庫)(東野 圭吾)

解説に『鏡の中で立ちつくしている自分を見せつけられることになる』といった表現がされているがまさしくその通りだと思う。犯罪加害者の家族... 重いテーマの作品ですが、読み始めは主人公に対する差別・排除に仕様がない立場の人間はいると思うがこの社会はおかしい、自分はそんなことはないと無意識に思いつつ読み進めていました。でも、この言葉によってすべてが一辺しました、『我々は君のことを差別しなきゃならないんだ。自分が罪を犯せば家族も苦しめることになるーそう思い知らせるためにもね』。自分とは関係ない世界とどこかで思っていた。だから自分は差別なんてしないと思い込んでいるだけだった。明らさまな差別はしないかもしれない。でも、同上や過剰に気を使ったりするのではないか。この作品の主人公に対しても同上しているだけの偽善者な自分に気付かされた。

最後に兄弟に残酷な決断を行わされるのですが、犯罪を犯す、罪を償うとはなんなのか... 最後の手紙のやり取りを見てこの物語の深く重いテーマに安易な考えで読み始めた自分に嫌悪しました。たぶん答えなんてないのだろう、無いからこそ罰なんであろう。


最新 追記
RSS feed