«前の日(07-23) 最新 次の日(07-25)» 追記
RSS feed

からっぽの日記


2007-07-24(火) 晴れ

Flickr と フォト蔵

デジカメを購入したので写真共有サイトの使用を検討。候補としてFlickrフォト蔵を考えたんだけど、一長一短。

Flickrは容量は無制限。無料アカウントだと1ヶ月100MB、Setが3つまで、最新200枚しか表示されない*1。Proアカウントは、Set、1ヶ月のアップロード制限がなしで、年間24.95$。

フォト蔵は無料で、最大10000枚までアップロード化。一枚10MB、1ヶ月1GBの制限あり。

使い勝手はどちらがええのかわかりません。ネットみてるとFlickrのほうがいい?

どちらにしようか迷いましたが、日本産*2、現在出費はあまりしたくない*3、どの程度使うかわかんない、「Flickr Uploadr」の認証が何故かできんというのもあってフォト蔵を使ってみようかと思ったが、プロフィールの現住所が非公開にできないではないか?!都道府県名だけだし、まぁ内容みてれば特定できそうだから気にしすぎかもしれんが... あと、設定変更画面でメールアドレスが表示されるのだが、一度表示した後しかSSLを選択できないのだがいいのかな?SSLについて全然わかってないので的外れな気もしますが。

ということで、Flickrの無料版をしばらく使ってみるとする。tDiary Flickr プラグイン(2006-02-26)という素晴らしいものがありますし。

*1 200枚しか保存できないわけではなく、Proアカウントへ移行すると見えるようになる?

*2 といいつつSBMは、はてなじゃなくdel.icio.usだけど...

*3 といいつついろいろ買っているorz


2011-07-24(日)

git のインストール

tdiary バージョンアップ管理に使えないかなと、さくらインターネットのレンタルサーバに git をインストールしましたのでメモ。手順は下記のサイトをほぼそのままです。感謝です。

git push + さくらのレンタルサーバーで github pages ライクにデプロイする方法 - punitan (a.k.a. punytan) のメモ

ソース取得

$ wget http://kernel.org/pub/software/scm/git/git-1.7.6.tar.bz2
$ tar jxf git-1.7.6.tar.bz2

コンパイル

$ cd git-1.7.6
$ ./configure --prefix=$HOME/local/git
$ gmake
$ gmake install

シンボリックリンク作成 ※2011.7.31 ~/local/bin から ~/bin に修正

$ ln -s ~/local/git/bin/git ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-cvsserver ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-receive-pack ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-shell ~/bin/
$ ln -s ~/local/git/bin/git-upload-archive ~/bin/

2011.7.31 追記

エディタを vim に変更

$ git config --global core.editor vim

2012-07-24(火)

青い花 7巻

『好きだから必死なんだ』、帯にも書かれたこの言葉が今巻を表しているのか。6巻の二人のうしろ姿はほんとうに心奪われる画でしたが、今巻もまた印象的なうしろ姿が描かれていました。でも、前巻とは意味合いの違う形で...

ここから内容を少々。39話は画のタッチが違うと思うのですが、どういう意味なんだろう? そして康ちゃんの『好きだから必死なんだ』。康ちゃんが言った言葉ですが、あーちゃんとふみちゃんにも当てはまるであろう、そんな言葉。井汲さんと康ちゃんの明かされる過去... 何かあることは匂わせていましたが、ここまでとは。康ちゃん、ほんとエエやつや(´;ω;`) 43話は二人の背中が出てくるのですが切なくてなんだか不安に。好きな人にふれたいいう気持ち、大切にしたいという気持ち、はじめてのとまどい... 無邪気なあーちゃんのイメージでしたが大人びた表情が多くなった気がします。そして最後も二人の後ろ姿。胸が締め付けられるような展開でしたが、最後の一言で少しゆるんだ気がします。

そして、書下ろしの若草物語。4ページですが、最後の一ページをめくって目にて映る言葉と画に心奪われます。青い花はページをめくった最初のコマの言葉と画が本当に綺麗です。透き通るように感じる綺麗さだと思う。

登場人物の気持ちを理解できるとは私は言えませんが、あーちゃんとふみちゃん、井汲さんと康ちゃんの行方が気になります。見届けたいです。

そしてこちらも楽しみ!

青い花×江ノ電フェア開催!!! | エフ編集部ブログ | マンガ・エロティクス・エフ - MANGA EROTICS f

青い花(7) (エフコミック) (Fx COMICS)
志村貴子
太田出版
¥ 1,000


«前の日(07-23) 最新 次の日(07-25)» 追記
RSS feed